蒼穹の旋律-melody of blue sky-

アクセスカウンタ

zoom RSS 2005年 和泉 雄的アニメシングルベスト10

<<   作成日時 : 2005/12/28 15:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

気付けば今年ももう残り数日ですね。早いなぁ……としみじみ思ってしまいます。
今日、これから出かけて、三日間遊び倒す所存ですので、今のうちにやる事やってしまいたいと思います。

ということで、年末恒例!第一回2005年和泉 雄的シングルベスト10!
……を開催したいと思います。
恒例なのに第一回とかいう点にツッコミ入れてくれると嬉しかったりします(えー
シングル、アルバムひっくるめたベストソングとか考えたんですが、
それだと決めがたいし、本当に一作品に偏りすぎるランキングになってしまうので、一番偏りの少なく決めやすい
シングルベスト10にしました(笑)

ちなみに自分で定めたルールとしては、
・2005年に発売されたアニメ関連シングルを対象にしています。
・聴いたのは今年でも、発売されたのが去年の日付であるならば、その分は除外させてもらっています。
 (「舞-HiME-」OPテーマの「Shining☆Days」などは昨年の発売なので、除外されます)

 あと、あくまでも和泉 雄個人による独断と偏見と主観によるランキングです。
好きな曲が入っていなかった&下位にあったとしても、「何で〜」とか言われても、正直、困ります(笑)

以上を踏まえて、ランキング参りましょう!

10位「OPEN YOUR MIND〜小さな羽根ひろげて〜」/石田耀子(ああっ女神さまっOPテーマ)
 真っ青な空に広がるかのような綺麗な歌声が印象的な曲。コーラスも効果的に効いていて……
三拍子というのに最初は少しびっくりしましたが、
作品自体はそんなに観ていなかったけど、「ああっ、女神さまっ」の世界観にもあっていたのでは……と。
ちなみに最近、石田さんのアルバム(all of me)を借りたのですが、結構、ハマってます(笑)

9位「聖少女領域」/ALI PROJECT(ローゼンメイデン・トロイメントOPテーマ)
 ALI PROJECTの楽曲は、「NOIR-ノワール-」の頃から知っているのですが、
本当にいつもいつも一度聴いたら離さない何かを持っています。独特の世界観があって。
最新のシングルであるこの曲もまた……薔薇の蔓で絡め取られるかのようにグイグイと
ひきつけてきます。どうしてこういう曲が作れるんだろうと感心してしまいます。
ローゼンメイデンは今期からちょこちょこと観てます。(舞乙と時間が被るときは観られなかったけど)
サビの「まだ触れないで その慄える指先は〜」のところで鏡合わせに手を組み頬を寄せ合う
蒼星石、翠星石のカットが一番好きだったりします。あの双子が一番好きなので(笑)

8位「ウタカタ」/近江知永
 今年は奥井雅美初プロデュースのアーティスト。近江知永ちゃんデビューの年。
 とにかく初めて生で聴いたオーディション合格者お披露目の「O-live」公開録音で
弾き語りで歌われたのが印象的でした。堂々とした歌いっぷりにも曲にも感動……
初めて舞台で歌うとは思えない歌いっぷりで鳥肌が立ちました……
アニメロミックスの投票でも、彼女に一票を投じたので、こうして活躍するのは嬉しいです。
澄み切った歌声で紡がれるその曲は凄く切なくて……でも、綺麗な曲で大好き。
そんな近江ちゃん……来年はアルバムとか、ライヴとかあるといいな(笑)

7位「焔の扉」/FictionJunctionYUUKA(機動戦士ガンダムSEED DESTINY挿入歌)
 今年、良くも悪くも注目した作品といえば、やっぱり「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」。
その挿入歌でした。でも、実際、本編では40話「黄金の意志」で使われただけなんですよね。
(予告で使われたことはありましたが)いい曲なのに、少し勿体無いです……
あの話の具合からして、本当はもう少し前から使われる予定だったのでは……?と思うと、何か悲しいなぁ。
「暁の車」の方がやっぱり好きだけど、この曲もやっぱり素敵。YUUKAさんの歌声好きです。
そういえば最近の話ですが、「ポップジャム」にも出ましたよね……
来年の彼女……そして、梶浦由記さんのサウンドにも注目です。

6位「ETERNAL BLAZE」/水樹奈々(「魔法少女リリカルなのはA's」OPテーマ)
 水樹奈々ちゃんが記念すべきオリコン2位を獲得した作品。
とにかくカッコいいわ、速いわ、高いわで圧倒されてしまいます。
本人も言ってますがファルセット効きまくりで……カラオケで歌うのはきついだろうなぁ。
特に好きなのが『まっすぐに受け止める君は光の女神(てんし)』と尻上がりに盛り上がるところ。
来年も弾けてくれると嬉しいです。

5位「Life goes on」/有坂美香(「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」EDテーマ)
 個人的にSEEDの主題歌は、アーティストを売るための手段みたいな感じが
プンプンして評価高くないのですが(SONY勢では最初のT.Mさんと玉置ちゃんくらいかな……
好意的に受け取れたのは)そんな中で唯一、ランクインしたのは「Life goes on」。
「何のため 誰のために君は 戦い続けるのだろう今」という歌詞が特に気に入ってます。

4位「TRUST」/奥井雅美(「これが私の御主人様」OPテーマ)
 やっぱりこの方は外せないですね(笑)
まっくん、何年ぶりかのアニソンです。個人的に大好きな曲調だったのでその分、ランクも大きいです。
明るく爽やかな風を感じさせてくれるそんな曲。
「ため息を吹き飛ばしたら君らしい速度で行けばいい」の部分はまさにまっくん節。
でも、こういう曲の再来を喜んでしまうというのは、やっぱり自分も昔のまっくんに惹かれていた
部類なのかなぁ……
今のまっくんももちろん好きなのですが。
来年のまっくんは、1月に発売される「蜜-mitsu-」。そして、3月のGod Speedツアーに注目ですね。

3位「阿修羅姫」
 PS2版「舞-HiME- 運命の系統樹」のOPテーマ。
 ゲーム自体はやっていないのですが、もうもうもうカッコいい……の一言。
「金襴の鎧よりも美しい〜」の部分のメロディからサビに移行するのが特に好き。
 妖しげな雰囲気もあり……女の情念メラメラ燃え盛り、ゾクゾクするくらいの曲。
個人的には間違いなく藤乃静留のイメージソングだと思ってます。バックにはもちろん清姫つき。
情念の鎖でなつきを絡め取る静留さんの姿が眼に浮かびます(笑)
2月にPS2のBESTで、運命の系統樹が廉価版でリリースされるようなので、やってみようかなぁ、と。
3つのメディアの中で一番、ダークなストーリーらしいのですが。
…………でも、幻想水滸伝5と発売日被ってるよぅ……orz

2位「Dream☆Wing」/栗林みな実(「舞-乙HiME-」OPテーマ)
 絶賛放送中の「舞-乙HiME-」より。
 個人的には「舞-HiME」の時の「Shining☆Days」二つを比べたとしても
こっちの方に軍配をあげたいと思います。
全体的に聴いてて心地よい素直なメロディラインが好印象なのですよね。
(まぁ、ありふれた進行だけにパワーが弱くてつまらないという意見もありましょうが)
「もう俯くのはやめて走り出そう 心の痛みはそう大好きの証ね」というフレーズを聴いたとき、
胸がキュッと締め付けられるような感じで泣けてきました。
年明けからOPとEDが変わってしまうとか噂でちらりと聞きましたが……どうなんだろう。
またいい曲だといいなぁ。

1位「地上の戦士」/紐育華撃団・星組(「サクラ大戦V」OPテーマ)
 間違いなく今年、一番聴いた曲です。
 7/8にamazonさんから届いてからは本当に毎日聴いてました。
今でも毎週最低一回は聴いているのではないかと思うくらいにヘヴィーローテーション極まりない曲。
この曲を聴いていなかったら、まず「サクラ大戦V」買ってませんから!
元々、ビッグバンドジャズが大好きなので、ビッグバンドテイストに加えてさらに従来のサクラ色も残しているというのは
凄く評価出来ると思うのです。
OPアニメも曲に合っていて秀逸。イントロで5人がそれぞれ見栄を切りながら登場するのが好きです。(特にリカリッタと昴)
それにしても、贔屓目抜きで、昴さん(園崎さん)の歌声はカッコいいです……
「羽ばたく理想(ゆめ)の未来へと」の部分の声の伸び方は圧倒されました……

以上ですね。
こうしてみると、下半期に発売された曲が多いなぁ……と感じます。
この秋は、結構、アニメ作品的にも豊作なのでそう思うのかもしれませんが。

最後に。
おまけとして、和泉さんの一年で注目した作品BEST5を軽〜く御紹介。

5位:BLEACH
 このブログでこのタイトルを出すこと自体初めてじゃないか?って感じですが、
実はアニメの方は、第1話から全部観てます(笑)
どこそこが違うとかいうところでいちいち批判するのも嫌なので、原作はあんまり読んでませんが。
ちなみに男性だと一護、日番谷くん。女性だとルキアと砕蜂と夜一さんとネムと雛森が好きです。(多いぞ)

4位:まほらば-Heartful Days-
 あんまり語ってませんでしたが、好きでした(笑)
個性的な住人、個性的なキャラクター。そして、観終わった後、心がほっこり温かくなるストーリー。
まさにサプリメントアニメの名に恥じない出来だったと思います。

3位:サクラ大戦V
 これだけはゲームですが。やっぱり今年、一番のサプライズはサクラでした……
まさかサクラにハマる時が来ようとは……しかも、正味約1ヶ月で全員コンプリートするとは。
血潮と3はやってましたが、どれも一人しかクリアしてない上に、一周目でもある程度行ったら
1ヶ月くらい放置してた人なので……
こんな自分をここまで虜にするとは、恐るべし紐育。ひとえに「昴……恐ろしい子……!」って感じです。

2位:舞-HiME-、舞-乙HiME-
 下の作品と同じ制作会社でこうも違うのか……と思った作品。
とにかくハマりますというか、ハマってます。
 多量のキャラクターの魅力を損なわずに捌ききるそのお手並みは感服の一言。
そして、「舞-HiME-」の後半戦をも越えそうな鬱展開への布石がどんどん置かれている
舞乙には、ドキがムネムネ止まりません。
とりあえず今は、次回のアカネちゃん(とカズくん)の無事を祈ってます(笑)

1位:機動戦士ガンダムSEED DESTINY
 不本意なんだけどね……もぉ、すっっっごい不本意なんだけど、
どれだけ観ていたかというのは、あの感想の量を観れば、推して知るべしか。
本当に嫌なんだけど、注目していたのは確かなので、ここに置きます。
ああもう……!でも、もう戻って来なくていいですよー。永久にな。

最後に物凄い毒電波が入ってしまったことをお詫び申し上げます。(いつものことですが)
来年も素晴らしい曲。素晴らしい作品たちに出逢える事を願って、このランキングを締めたいと思います。(ぺこり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2005年 和泉 雄的アニメシングルベスト10 蒼穹の旋律-melody of blue sky-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる