蒼穹の旋律-melody of blue sky-

アクセスカウンタ

zoom RSS これ以上失くしたくない 絆という僕らの証を……

<<   作成日時 : 2006/09/01 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日、9/1は、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の真の主人公であるシン・アスカの誕生日です。
こういう形でキャラクターの誕生日を祝うっていうのは何かすっごい照れくさいものがありますが……
ま、キラはゆうめちゃんが祝ってたし、アスラン(カガリ)はあーちゃんが祝うし祝ってたし。
ってことで、この場を借りてシンを祝わせて頂きます。
本当は、何かSSを捧げるつもりでいたのですが……諸般の事情でちょっと見送らせて頂きます……;;;
色々、裏でやる事多くて、さすがに手が回らない……悔しいですが。

男の身でありながら作品に色々な女性キャラが出ている中で、男性キャラを一番好きっていうのは
何か奇異の目で見られがちなんですが、それでも自分は、DESTINYの中では、シン・アスカが一番好きです。
CD店にあるポスターも、シンが出てると思わず立ち止まってしまったり、
ゲーセンで「連合VSZAFT」をやってる人が、シンを使っていたら反応するくらい。
(で、キラを使っている人には「沈んでしまえ」と心の中で呪詛を吐く(えー)
ファーストインプレッションで好きだったのはルナマリアだったはずなんだけどなぁ(^^;;

黒髪に紅の双眸というその外見。(もちろん蒼が一番好きな色ですが、黒と赤って組み合わせも好き)
愚直なまでの青臭さも、ステラに対する想いも、鈴村さんの声も迫真の演技も好きでした。

元々、鈴村健一さんは、シンを演る前から「超GALS寿蘭」の2位くんこと麻生裕也、
「スパイラル〜推理の絆」の鳴海歩、「超重神グラヴィオン」の紅エイジなど
色々な作品で知っていて、気になる男性声優さんではありました。
一番好きな声優である林原めぐみさんがヒロインとして出演した「時空転抄ナスカ」で
主役やってたのはさすがに最近になって知りましたが……(ちなみに観てました(笑))
シンをここまで好きになったのは、鈴村さんの演技があってのものだと思います。
それ故に、シンの活躍の少なさはもちろん、主人公の声優である鈴村さんが作品に対する
思いを語れない……というのは残念でした。

個人的に好きな台詞は、やっぱりステラを返す時の

「死なせたくないから返すんだ。だから、絶対に約束してくれ!
 決して戦争とか、モビルスーツとか……そんな死ぬような事とは絶対遠い……
 優しくてあったかい世界へ彼女を返すって!」


正直、DESTINYでここまで感動出来る場面ってそんなになかったんですよ。
シンとステラの出逢いでさえ、最初はそんなに感動はしなかったし。
(ってか、バックにかかっている「深海の孤独」にばかり気を取られていた音楽狂)
なので、この台詞には素で本当に感動してしまったりしました。
そして、その先に待ち受ける悲劇も予感出来てしまったので、それも合わせて……ね。
あと、他にはスペシャルエディション2でさらっと流され、またも反感を買ったらしいですが、
18話「ローエングリンを撃て!」のシンも個人的に凄い好きでした。
あの頃のアスランとの師弟関係も凄く気に入ってて(アスランがしっかり先輩してるってのもよかった)
それが順調に続いていればなぁ……と今でも悔やまれてなりません。

映画は正直、これ以上、シン・アスカというキャラクターを穢されるのは見るに忍びないという
想いでいるというか、オフィシャルストーリーにはもはやこれっぽっちも期待はしていないので、
現時点では観る気はありません。正直、気になっているというのは否めませんけど……
こっそり見させてもらっているシン・アスカ及びミネルバサイドのブログ様などを参考にした上で、
観るかどうかを判断させて頂きます。

何はともあれ、シン、ハッピーバースデイ♪

「Primal Innocence」/鈴村健一



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これ以上失くしたくない 絆という僕らの証を…… 蒼穹の旋律-melody of blue sky-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる